トップページへ

アームレスリング(腕相撲)トレーニング


アームレスリング(腕相撲)のトレーニングをまとめてみました。
学校や職場のライバルに差を付けるために、またアームレスラーの方には
「こんなトレーニングもあったな」と思って頂けるために。
腕相撲強化に実戦練習は欠かせませんが、家でコツコツ補強トレーニングをするのも楽しいですよね。
下のトレーニングは柔道の引く力や空手のパンチ力も強化してくれます。


ロープ登り
握力と引き付ける力を養成。



太いハンドルやバーでの懸垂も基本ですね。



帯懸垂は手首に引っ掛けて背中と二頭筋を鍛えます。



イーグルクローで指の強化。



太いグリップでのカールとリストカールも基本です。



太いグリップでのチューブ引きは実戦的に鍛えられますね。



リストローラーも前腕を太くしてくれます。



ケトルベルはハンドルが太くて重心が真下にかかるので
コンセントレーションカールに向いてます。



EZバーでのアームカールは基礎の腕力を強化します。
写真はリバースグリップですがレギュラーグリップが基本。
プリーチャーカール台を使うのも効果的。



ハンマーを振ったり回すと手首を練ってくれます。



ハンドグリッパーは握力強化の基本ですね。



ピンチブロックやプレートピンチは相手をつかまえる指の力を強化してくれます。



プレートカールは指力を鍛えてくれます。



タオルや帯を使ったトレーニングも効果的ですね。



親指の壁を作るトレーニング



二頭筋の拮抗筋の三頭筋も鍛えたいですね。
フォールの際に三頭筋で相手を押し込むことも出来ます。

皆様の効果的なトレーニングも教えて下さいね。



腕相撲強化のトレーニング方法です。
多少マニアックな部分もありますが、色々な方法を紹介します。



アニマル道場トレーニング器具



45キロハンマーカール


53キロワンハンドプレス


48キロケトルベル クリーン&プレス

私も昔は重たい重量扱ってました。
しかし重たいダンベルが扱えるから、アームレスリングが強いとは限りません。



●楽しいアームレスリングの部屋●






メール アイコン
E-mail
トップページへ