カミツキガメ

 カミツキガメの基礎データ

学名    Chelydra serpentina serpentina(蛇のようなカメの意味)

サイズ   最大で甲長
50cm、体重35kg。通常は20-30cm, 2-5kg

地域亜種  北米、フロリダ、中米、南米の4種の地域亜種がある。
      生息地は淡水の湖沼など。

      日本では千葉の印旛沼を始め、全国各地で繁殖している。
           北米種以外は日本での越冬繁殖は難しい。

寿命    5-60

性成熟   繁殖に至るまでに5−6年が必要。

産卵    春に交尾し、夏に産卵、秋に孵化する。産卵数は平均20個。

食性    基本的に肉食であり、小魚、ザリガニ、貝類などを捕食

危険性   陸上で手を出すと噛まれるが、水中では人影を見ると
      逃げるため、むやみに恐れることはない。
      スッポンと同程度の危険性

輸入と販売 1960年代より毎年約1万頭以上が輸入されてきた。

国内の個体数 推定10万頭

日本での法律 2002年より特定危険動物に指定されていた。
       2005年より特定外来種に指定変更され、飼育には許可が必要。

       しかしながらカミツキガメのペット飼育許可は2005年以降取得できないことになった。
       既に国内に10万頭もいるカミツキガメが新規にペット飼育許可が取得出来ないという問題がある。
       飼育が不可能になった時のカメの受け皿がない。

       従って許可を取得していない飼主が野外に逃がす数が増えているため、
       日本国内のあちこちでカミツキガメが増殖しているという状態になっている。
       飼育出来なくなったカミツキガメを継続飼育出来るシステムが必要と考える。





メール アイコン
E-mail
トップページへ