カミツキガメ
カミツキガメの亜種紹介

カミツキガメの地域亜種に関してわかりやすい個体を出してみます。
文章ではわからないという要望が多いので。
今までは大型個体の紹介が多かったので、今回は中型サイズを選びました。
またここに出ているものはあくまで典型的なタイプです。
皆様のご参考になれば幸いです。

北米カミツキガメ
Common snapping turtle  Chelydra serpentina serpentina
No spike around the neck, no beard on chin, shell is like Spade, can hibernate in winter

コモンスナッパーとも呼ばれる通り一番よく見るカミツキガメなのでおなじみでしょう。
色は濃い茶色を基本にある程度バリエーションあります。首、腕にとがった突起はありません。
見本は35cmのがっちりのタイプ。昔のビバガの広告にも出したなつかしい個体。



フロリダスナッパー
Florida snapping turtle Chelydra serpentina osceola
Sharp spikes around the neck, no beard on chin, shell is light color or orange, shell form is like an egg

首や腕のトゲトゲや平たい凶暴そうな顔、茶色のボディなど
フロリダも魅力的なカミツキガメです。
見本は30cmのきれいな2個体。



中米カミツキガメ

メキシカンスナッパー

Mexican snapping turtle Chelydra serpentina rossignoni
Sharp spikes around the neck, 2 beards on chin, shell is black color, shell form is like an egg

分厚く黒いボディー、イガイガで太い腕、長いヒゲなど、
メキシカンにはカミツキマニアの心をとらえる要素がつまってます。
見本は25cmのオスのよい個体です。
カミツキガメの亜種の選定にヒゲの本数はつきものですが
私は典型的なメキシカン以外はヒゲの本数はあてにしてません。



ホンジュラススナッパー
Honduras snapping turtles Chelydra serpentina rossignoni 40cm
Sharp spikes around the neck, 2 beards on chin, shell is light color or orange, shell form is like an egg

メキシカンとならんで中米スナッパーとして人気が高いホンジュラス。
メキシカンより輸入数が少なく最近では入手が難しいです。
特徴としてはメキシカンに似ますが、若干色の薄いことと
鳥のような顔に特徴があります。
写真上は20cmのオス、左下は25cmメスの個体




南米カミツキガメ

エクアドルスナッパー

Ecuadorian snapping turtle Chelydra serpentina acutirostris
No beards on chin, shell is orange color, shell form is like an egg

中米スナッパーより更に輸入数の少ない南米スナッパー。
フロリダより更にオレンジの甲羅、つぶれた顔、突起はあるものとないものがいます。
写真はエクアドルスナッパーの15cm。



ニカラグアスナッパー
Nicaraguan snapping turtle Chelydra serpentina acutirostris
No beards on chin, shell is light color, shell form is like an egg

南米スナッパーは分類上ホンジュラスの中部より南とされてます。
よってニカラグアスナッパーも南米種です。
甲羅の色は薄く、突起はなく、顔は更にひしゃげた感じで悪っぽいです。
写真は25cmのメスのニカラグアです。




リンクページ:


カミツキガメ メインページ

ワニガメのページ



メール アイコン
E-mail
Top page